Pontaカード2枚持ちでもポイント合算可!グループ登録が便利

Pontaポイントを貯めるのなら現金払いで提示するだけのPontaカードより
クレジット付きPontaカードにしたほうがたくさんPontaポイントが貯まる。

 

 

こんな風にクレジット付きのほうがお得ですよ!というのはよく見かけるので、
何となく知ってるけど今貯めているPontaポイントがどうなるのか心配だし、
手続きも面倒そうだから今のままでいいやってなっていませんか?

 

 

逆に言うと、今貯めているPontaポイントが無駄にならなくて、
手続きが簡単だったらクレジット付きに切り替えたいってことですよね。

 

 

僕もいろいろ調べた結果、JMBローソンPontaカードを作って、
今まで貯めていたPontaポイントをJMBローソンPontaカードに移しました。

 

 

調べてわかったことなんですが、ポイントを移す方法は2通りあります。

 

 

どちらの方法でも今貯めているPontaポイントが無駄にならず、
クレジット付きPontaカードにポイントをまとめることができるので、
あなたのご都合に合わせて選んでくださいね。

 

 

まず一つ目はグループ登録をする方法です。

 

 

Pontaのグループはこんな感じです。
↓ ↓ ↓

Ponta ポイント合算

 

 

例えば、クレジット無しのPontaカードからJMBローソンPontaカードへ
Pontaポイントを移すなら、オーナーをJMBローソンPontaカードにして、
クレジット無しのPontaカードをメンバーとして登録します。

 

 

元々グループ登録は家族で一緒にポイントを貯めて使うためものですが、
自分のPontaカードだけでグループを作ることもできます。

 

 

Pontaのグループ登録は自分のカード同士ではできないという情報も
見かけましたが、Pontaカスタマーセンターへ確認をしたところ、
自分のカード同士でグループ登録をしても問題ないとのことでした。

 

 

気を付けないといけないことは、
オーナーとして登録するPontaカードはPonta Webの利用手続きが必須で、
逆にメンバーとして登録したPontaカードは、
Ponta Webの利用手続きをしてしまうとメンバーになれません。

 

 

僕は先に持っていたクレジット機能なしのPontaカードで
Ponta Webの利用手続きを済ませていたためグループ登録は諦めました。

 

 

僕と同じように今持っているクレジット機能なしのPontaカードで
Ponta Web利用手続きを済ませているのなら二つ目の方法になります。

 

 

Pontaカスタマーセンターへ電話をしてポイントを移行してもらう方法です。

 

 

 

この方法は、新しく作ったクレジット機能付きのPontaカードと
今まで使っていたPontaカードを手元に用意して、
電話をするだけなので手続きはとっても簡単です。

 

 

気を付けないといけないのは今まで使っていたPontaカードが
使えなくなるということくらいです。

 

 

なので、クレジット機能なしとクレジット機能付きのPontaカード
両方を使いたい場合にはグループ登録しか方法がありません。

 

 

グループ登録のほうが少し手続きが面倒なので、
グループ登録手続きを説明しているページをご案内しておきますね。
⇒Pontaグループについて

 

 

最後に大切なことをもう一度、
今使っているPontaカードでPonta Web利用手続きを済ませていると
クレジット付きPontaカードをオーナーにしてグループ登録ができません。

 

 

もし僕と同じように既にクレジットなしのPontaカードで
Ponta Web利用手続きを済ませているのなら、
Pontaカスタマーセンターへ電話をすることでポイント移行できます。

 

 

グループ登録、電話でポイント移行、どちらの場合でも、
クレジット付きのPontaカードを作るのが先です。

 

 

特にグループ登録ではなく電話でポイント移行するのなら、実際に僕がやったポイント移行やGEOレンタル会員機能移行のことも詳しく書いていますのでこちらを参考にされてください^^